感染症対策 介護職員 在宅介護

手洗い・手指消毒について介護職員の気を付ける点

手洗いは手軽にできる感染予防の一つで、最も重要なものです。
自分ではキレイに洗ったつもりが、実はきれいに洗えていないことがあります。特殊な装置で見ると、指の間や爪の生え際などに洗い残しがあるんです。これでは介護者の手から感染を広げてしまう可能性も出てきますので、手洗いの正しい方法や手順を身につけましょう!

 

  1. 石鹸をつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をよくこすります。
  3. 指先や爪の間をこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 親指を手のひらでねじるように洗います。
  6. 手首も洗います。
  7. 水で十分に手を洗い流した後はペーパータオルのなどで拭きとります。
  8. 水道が自動でない場合は、手を拭いたペーパータオルで蛇口を閉めます。

 

特に汚れが残りやすいのは

  • 爪の間や指先。
  • 親指回り。
  • 手のしわ。
  • 指の付け根。

ですが、手首も忘れずに手洗いしましょう!

 

 

介護者の衛生管理として、爪は短く切っておくことは基本的なことですね。